単身引越しパックの料金相場はいくら?通常の引越しプランとの違いも解説 | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド

ご紹介件数

単身引越しパックの料金相場はいくら?通常の引越しプランとの違いも解説

単身引越しパックの料金相場はいくら?通常の引越しプランとの違いも解説

単身者の引越しで運ぶ荷物の量がそれほど多くないのであれば、単身引越しパックを利用すると費用を安く抑えられる可能性があります。

今回は、単身引越しパックが「どれだけ安いのか」という料金相場と、通常の引越しプランと異なる点や、利用するメリット・デメリットなどをわかりやすく紹介します。

単身引越しパックの料金目安

単身引越しパックの料金相場は、荷物を運搬する距離とコンテナの大きさにもよりますが、概ね2万円~4万円程度に収まるケースが多いです。

一方、トラックをチャーターする通常の引越しプランを利用する場合は、同一都道府県内の引越しで3.5万円~4万円が単身者の相場となります。

長距離の引越し(関東圏から関西圏に移動するようなケース)だと、5万円~7万円が相場です。

つまり、単身引越しパックを利用すれば、同じ条件の引越しを通常プランで行った場合の相場に比べて、概ね40~50%ほど割安になります。

参考:引越し費用の相場表・総額料金と月別の金額目安

単身引越しパックと通常プランの相場を比較

具体的に、単身引越しパックと通常プランの料金相場を比較すると以下の通りです。

新居までの距離 単身パック
(1ボックスあたり)
通常プラン
(荷物少なめ)
安くなる金額割合
~15km以内
旧居~同市区町村内
平均
21,000円
平均
33,594円
約40%
~50km以内
旧居~同都道府県内
平均
22,000円
平均
34,959円
約40%
~200km未満
旧居~同一地方内
平均
24,000円
平均
51,333円
約45%
~500km未満
旧居~別地方
平均
31,000円
平均
67,802円
約45%
500km以上
超長距離の引越し
平均
41,000円
平均
79,664円
約50%

※「単身パック」の相場金額は日通の「単身パック料金検索」を用いて算出しております(単身パックS・Lの料金を平均化、各種割引やオプション適用はなし)

※「通常プラン」の相場金額は当社サービスの過去の利用ユーザーの口コミを元に相場の算出をおこなっております。引越しの料金は依頼者の各種条件によって上下するため、参考値とお考え下さい

上記の表の通り、すべての移動距離で単身引越しパックの価格が安いことがわかります。

また、割安になる金額に着目すると、引越しする距離が長距離になればなるほど単身引越しパックの利用で費用が抑えられています。
これは、単身引越しパックが「混載便」であるため、特に長距離で通常プランよりも輸送コストが抑えられるからです。

【5社比較】単身引越しパックの価格一覧

様々な引越し業者が単身引越しパックを用意しています。

国内の代表的な引越し業者である日本通運、ヤマトホームコンビニエンス、サカイ引越センター、ハトのマークの引越センター、西濃運輸の5社の単身引越しパック(各社とも最安料金プラン)の価格を比較してみます。

引越し業者名 単身引越しパック名 価格(税込) 備考
日本通運 単身パックS 19,800円 単身パックLサイズは
22,000円~
ヤマトホームコンビニエンス わたしの引越 15,400円 未対応エリアあり
サカイ引越センター 小口便引越プラン 要見積もり 特定エリア間の長距離引越しのみ対応可
ハトのマークの引越センター 青春引越便 要見積もり 片道200km以上の長距離引越しのみ対応可
西濃運輸 カンガルー単身MAX+1 38,000円
※正式な金額は要見積もり
自転車1台まではBOX料金内で対応可

※掲載情報は2021年9月現在のものです。各社の提供状況は変更される可能性がありますので留意ください

※各社サイト上で確認できる最低料金を掲載しております

最低料金が安いのはヤマトホームコンビニエンスの「わたしの引越」ですが、対応エリアが限られているため利用時は注意が必要です。

次いで安価なのは日通の「単身パックS」で、価格が安いうえに荷物量のレンジや対応エリアなどに優れ、最も広い利用者が使えるサービスであると言えます。

サカイとハトのパックは価格が要見積もりです。また、長距離の引越しのみで利用できるサービスとなっています。

西濃の「カンガルー単身MAX+1」は少し価格が高いですが、自転車1台までなら追加料金なしで運搬できる部分は利点となっています。

単身引越しパックと普通のプランはどう違う?

単身引越しパックと普通のプランはどう違う?

単身引越しパックと通常の引越しプランは、大きく下記3点の違いがあります。

  • 荷物の積載量
  • 梱包資材提供の有無
  • 荷物の積み下ろし日

それぞれの違いについて、詳しく解説していきます。

荷物の積載量

単身引越しパックは、積み込める荷物の量に上限があります。
運搬できる段ボールの箱数が決まっていたり、コンテナの大きさがあらかじめ指定されていたりするためです。

コンテナのサイズは引越し業者によってさまざまですが、「幅105cm×奥行105cm×高さ175cm」程度までのサイズ感が一般的です。

通常の引越しプランは事前に荷物の量やトラックの台数などから見積もりを算出して引越し作業を行うケースが多いですが、単身引越しパックはある程度画一的に料金が決まっています。
そのため、単身引越しパックの利用時は、細かい見積もり算出が必要ないのも特徴といえるでしょう。

単身引越しパックで運べない荷物

単身引越しパックは、サイズ次第で運べる荷物と運べない荷物があります。
これは指定の専用コンテナに荷物を積み込まなければならないためです。

例えばベッドなら、折り畳み式や解体可能な種類のベッドはサイズ次第で運搬できますが、解体ができないものはコンテナに積み込めないため運べません。

また、冷蔵庫などの家電もサイズによって運べる場合と運べない場合に分かれます。

100~150リットル程度の一人暮らし用冷蔵庫なら、大きいサイズのコンテナを提供しているプランを使うと運べる可能性が高いでしょう。
ただし、3ドア以上だと難しい場合もあります。洗濯機も同様にサイズ次第の面があり、4~5kg程度の容量までであればコンテナに積み込める可能性が高いといえます。

テレビは24型程度までであれば小さいコンテナでも積み込めますが、32型程度の大きなサイズのテレビは一回り大きなコンテナが必要になります。

ほかにも自転車を運びたいと考える単身者は数多くいますが、単身引越しパックでは一般的なサイズの自転車を積み込むことができません。
しかし、折り畳み式や解体可能な自転車なら、コンテナに積み込める可能性もあります。

梱包資材提供の有無

単身引越しパックは、基本的に無料の梱包資材は提供されません。

段ボールを用意してもらいたい場合は別料金での提供となるため、引越し費用として別途かかることを想定しておく必要があります。

自分で用意する場合は購入したり近所のスーパーやホームセンターでもらってきたりする手間がかかるため、早めに準備を始めることをおすすめします。

転居先で開梱した段ボールを回収してほしい場合も、基本的に有料サービスとなります。

単身引越しパックを利用する際は、単身引越しパックそのものの料金だけでなく、ダンボールの購入費用や回収費用も含めて引越しにかかる費用を想定しておく必要があります。

また、通常の引越しプランでは家具の解体や洗濯機の取り外しを行い、転居先で新たに組み立て・取り付けを行ってくれるサービスを提供している引越し業者もありますが、単身引越しパックは基本的に対応してもらうことはできません。
一部オプションサービスとして提供しているケースもありますが、別料金を支払う必要があるので併せて覚えておきましょう。

荷物の積み日と卸し日

単身引越しパックは荷物の配送には最短一日以上かかるケースが大半で、一般的な引越しとは違い当日中に引越し先に荷物が届くわけではありません。
そのため、当日中に荷物を受け取って荷ほどきを始めたい人にとっては、単身引越しパックのタイムラグがデメリットに感じられる場合もあるでしょう。

単身引越しパックの集荷日(積み日)と、新居への届け日(卸し日)をあらかじめ計算しておけば、新生活をスムーズにスタートできます。

また、積み下ろしの日取りによって「祝日割り増し」や「時間帯指定オプション料金」といった費用の加算もあるので、料金を抑えるという意味でも計画的な日程を組めると良いです。

単身引越しパックのメリット・デメリット

単身引越しパックを使う代表的なメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
  • ・利用料金を安く済ませられる
  • ・料金体系がわかりやすい
  • ・荷物の破損や紛失リスクを軽減できる
  • ・利用料金を安く済ませられる
  • ・料金体系がわかりやすい
  • ・荷物の破損や紛失リスクを軽減できる

それぞれの内容を以下で詳しく見ていきましょう。

メリット1:利用料金を安く済ませられる

一般的な引越しプランの料金に比べると、単身引越しパックは料金を安価に抑えやすいのがメリットです。

一台のトラックに複数人分のカーゴを積み込めることから、荷物の運搬効率が高く、引越し業者側のコストを下げられるのが理由です。

また、引越し作業に必要な作業員の人数も少ないため、人件費を削減できるのも単身引越しパックが格安料金に設定されている要因のひとつといえます。

メリット2:料金体系がわかりやすい

単身引越しパックは、料金体系がわかりやすいのが特徴です。

選ぶ業者にもよりますが、基本的に料金体系がシンプルであり、コンテナのサイズによって段階的に設定されているケースが多いからです。

例えば、日本通運の「引越し単身パック」なら、単身パックSサイズとLサイズの二種類のパックが用意されており、それぞれ格納できる荷物量と設定料金が異なっています。

加えて、一般的な引越しのように多様なオプションサービスはなく、棚やベッドの取付・取り外しなどの最低限のオプションサービスしか用意されていないのも、明瞭な料金体系に一役買っていると言えます。

メリット3:荷物の破損や紛失リスクを軽減できる

荷物の破損や紛失リスクを軽減できるのも、単身引越しパックのメリットのひとつです。

通常の引越しの場合、梱包した荷物を一つひとつトラックに積み込むため、トラックに積み込む途中で破損したり、荷卸しの際に荷物を下ろし忘れたりするリスクがあります。

しかし、単身引越しパックなら、積み込んだ荷物は自宅から引越し先に荷物を運ぶまで一貫して専用のコンテナの中に積み込まれており、個別に出し入れすることは基本的にありません。

コンテナは鉄でできていて頑丈なので、運搬中に大きな衝撃が加えられても中の荷物が破損するリスクも小さいといえます。
そのため、作業員がトラックに荷物を積み込んでいる間に荷物を壊してしまったり、紛失してしまったりするリスクが低くなります。

デメリット1:荷物が多いと引越し代が高くつく

搬出する荷物の量や種類によっては、引越し代が一般的な引越しに比べて高くなってしまう可能性がある点には注意が必要です。

これは、あらかじめ定められたコンテナに荷物が入りきらないと、追加でコンテナを増やさなければならなかったり、別途宅配便で荷物を転居先に送ったりしなければならないケースがあるためです。

入りきらなかった荷物を運んでくれる業者もありますが、その場合は別途作業料を支払わなければなりません。

コンテナを1つ追加することになると、料金は単純に2倍になります。2倍の料金を支払うよりも通常の引越しプランを選んだほうが割安になるケースも多いため、事前にどちらを利用するかよく検討する必要があります。

荷物の量が増えてしまいコンテナに入りきらないかもしれないと不安なときは、引越し業者に相談してコンテナに入るかどうかを事前に確認したり、コンテナのサイズが大きな単身引越しパックを選んだりすることをおすすめします。

また、コンテナに積み込めない種類の家財がある場合も、別途運搬しなければならない点には注意しましょう。

デメリット2:運搬できる荷物の量と種類が限られる

単身引越しパックは1つないし複数のコンテナBOXを貸し切って、その中に積み込みできる分の荷物が輸送される仕組みです。
そのため、運搬できる荷物の量やサイズなどは、コンテナの大きさに依存してしまいます。

特に、ベッドやソファといった大型の家具や、自転車、サーフボードなどの趣味用品は載せることが難しい場合があります。

「どういった荷物をどれだけ載せられるか」という部分は非常に重要な確認事項なので、事前に業者へ問い合わせておきましょう。

デメリット3:梱包用の資材が提供されない

単身引越しパックでは梱包用の資材が提供されないため、自分で用意して荷物を梱包しなければなりません。

通常の引越しプランではトラックのサイズなど引越し業者の規定に基づいて段ボールなどの梱包資材がある程度無料で提供されますが、事前に段ボールなどを準備する手間がかかるという点は覚悟しておく必要があります。

イメージとしては、単身引越しパックは宅配便と似たようなサービスだと考えるとわかりやすいでしょう。

自分で梱包資材を用意するのが難しい場合は、通常のプランを検討するのも手段のひとつです。

単身引越しパックが向いているのはどんな人?

単身引越しパックが向いているのはどんな人?

前章では単身引越しパックのメリットとデメリットについてお伝えしてきましたが、続いては以下の通り、特に単身引越しパックが向いている人を解説していきます。

  • 単身赴任をする人
  • シェアハウスへの引越しをする人
  • 家具が備え付けの家に引越しする人
  • 実家からの引越しをする人

それぞれのケースを見ていきましょう。

単身赴任をする人

家族と住んでいる自宅から単身世帯用の住居に転居するのであれば、単身引越しパックが適しています。

搬出する荷物がそれほど多くならないケースが多く、単身引越しパックのコンテナにも十分に荷物を積み込めると考えられるからです。

また、単身赴任の場合は家具なども転居先で新しく購入する必要があるため、自宅から搬出する大型の家財は限られているといえます。
このことも、単身赴任が単身引越しパックに向いている理由のひとつです。

シェアハウスへの引越しをする人

シェアハウスへの引越しも、単身引越しパックを有効活用しやすいといえます。

シェアハウスは複数人でひとつの家を共同利用するため、自分の部屋はそれほど広くなく、持ち込める荷物も限られているからです。

シェアハウスは家具や家電があらかじめ備え付けの物件も多く、現在住んでいる自宅から家財を持ち込む必要がない場合も少なくありません。

身の回りの家財以外の荷物だけを搬入するのであれば、単身引越しパックのコンテナで十分にカバーできるでしょう。

家具が備え付けの家に引越しする人

家具が既に備え付けられている物件に引っ越す場合にも、単身引越しパックがおすすめです。

シェアハウスなどと同様に運び出す荷物は最小限に抑えられるため、単身引越しパックのコンテナの範囲内に収まる可能性が高いからです。

また、家具が備え付けの家に引越すことで、引越しにかかる総合的な費用も安く抑えられるでしょう。

引越しにかかる費用は引越し業者に支払う費用だけでなく、新居の契約に必要な敷金や礼金、家具や家電の購入費用、新生活に必要な消耗品の購入費用などさまざまなものがあります。

家具や家電は一からすべて揃えると数万~数十万円程度かかることも少なくないため、あらかじめ備え付けの物件は引越し費用の軽減に効果的です。

実家からの引越しをする人

実家を出て一人暮らしを始める人にも、単身引越しパックの利用がおすすめです。

実家からの引越しの場合は、家族全員の荷物を運び出す必要がなく、自分ひとりの荷物をまとめるだけで引越し作業が完了するためです。

ただし、ここまでにご紹介したどの引越し先でも同じことではありますが、趣味や仕事に必要な家財でコンテナに入りきらないものがあるようであれば、単身引越しパックではなく通常の引越しプランを利用した方が良い場合もあります。

例えば、ピアノを趣味や仕事に使う必要があり、転居先に持ち込まなければならない場合は、通常の引越しプランのオプションサービスで対応となる可能性もあります。

サービス重視なら通常の単身プランも視野に入れよう

引越し業者のサービスを重視するのであれば、通常の引越しプランを利用することも視野に入れると良いでしょう。

例えば、荷物の梱包を自分で行わずに全て代行してもらいたいなら、梱包代行も含めたプランを取り扱っている引越し業者もあります。

ほかにも通常の引越しプランには業者によってさまざまなオプションサービスが用意されているので、サービスの行き届いた引越しを期待しているのであれば、単身引越しパックよりも通常の引越しプランの利用が向いているといえるでしょう。

もし、普通の引越しを行うのであれば、「一括見積もりサービス」を利用し労力をかけずに安価に引越しできる業者を探す手段をおすすめします。

まとめ

単身引越しパックは、通常の引越しプランに比べて引越し費用を安価に抑えられる魅力的なプランです。

単身赴任やシェアハウスへの転居、実家からの引越しなどは、単身引越しパックのメリットを特に活かしやすいでしょう。

とはいえ、条件によっては通常の引越しプランよりも高額になってしまう可能性もあります。

自分が単身引越しパックに適しているかどうかを十分にチェックした上で利用を検討し、必要に応じて通常の引越しプランの利用も視野に入れることをおすすめします。

新着ページ

ご紹介件数