ピアノの引っ越し | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

ピアノの引っ越し

ピアノは、人の手で運べないケースもある程の、大きいものも少なくない楽器です。また精密な構造を擁しており、衝撃や振動に弱いと言う特徴も持つことから、知識のない個人や一般的な引越し業者に任せる形は危険であると言えます。ピアノ輸送ならではのポイントやコツを押さえて、安全かつ確実に送ることができるよう工夫してみて下さい。

一般の引越し業者に任せられるピアノとそうでないピアノ

通常のピアノには、アップライトピアノ、グランドピアノと言った種類がありますが、いずれも引越し業者が一般の積み荷と一緒に運ぶケースはほとんどありません。冒頭の通り、繊細な構造となっているため、振動や衝撃で故障してしまうことが懸念されるためです。

しかし運んでもらえるピアノも、一部存在します。例えば、電子ピアノです。電子機器となっており、通常のピアノよりも衝撃や振動に強く、故障の心配が抑えられます。またサイズに関してもそこまで大きくないため、一般の積み荷の中に置くこともできます。とは言え頑丈であるとも言えないので、積載する際にはクッションやベルトでしっかり固定して、揺れや衝撃の影響を受けにくい形にします。またその他、子供用に作られたおもちゃのピアノや、シート状の特殊なものなども、引越し業者に依頼できる例外的なピアノとして挙げることができます。

理想的な輸送の形

ピアノの輸送を専門的に取り扱う、専門業者が数多く存在します。搬入出における技術から、衝撃を防ぐことができる積載、移動方法などが徹底されており、大型のものや高価なタイプであっても、信頼して任せることができます。そのため安全かつ確実に送りたい際には、直接専門業者に依頼すると良いでしょう。

また引越し業者にピアノ輸送を注文した場合も、引越し業者が専門業者に再依頼する形で運ばれます。最終的な輸送方法は同じであるにもかかわらず、仲介が伴うことで、料金が割増しになる場合もあります。そのため、費用を抑えた輸送と言う意味では、個人で直接専門業者に依頼することをおすすめします。

引越しでピアノを移動させる際の流れ

旧住居から退居するタイミングもあるため、ピアノ輸送の依頼もそれまでに行い、完了しておかなくてはなりません。総合的な流れを把握して、スムーズな輸送を目指しましょう。

まず最初に、品番や製造番号、サイズを確認します。業者にもよりますが、こう言った情報のもと見積もりが行われるケースも少なくないためです。また特殊なピアノであったり、搬出経路が確保しにくい家であれば、事前に見積もりスタッフが訪れて、目視により確認する場合もあります。

そして次に、業者選びです。ピアノ輸送は高いニーズを誇る作業であるため、全国各地にサービスを取り扱う会社が存在しています。料金面やプラン内容、また得意とする地域などを比較し、理想的な業者を選びましょう。決定できれば、メールや電話等所定の方法で連絡を取り、先ほどの詳細情報を伝えます。

あとは当日に訪問してもらい、輸送を行います。ピアノのサイズによっては、大型の搬出機器を伴うケースもあるため、家の前に自家用車を停めている場合や、インテリア、装飾を施している際にはあらかじめ移動させておき、クレーン車等が入りやすい環境を作っておきましょう。

ピアノ業者の選び方

インターネットによる検索がおすすめです。キーワード検索によるピックアップや、比較サイトを利用した探し方、また一括見積もりサービスが利用できるサイトなど、よりお得で安心感の持てる輸送へと繋げることができます。

まとめ

ピアノ輸送に関しては、基本的に別途料金がかかります。しかしこの点を疎かにしてしまい、故障させてしまうと、修理費用によって輸送費以上の出費がかさんでしまうケースも考えられます。そのため、専門業者に依頼し、プロならではの技術で送ってもらう形が望ましいと言えます。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!