家の前の道が狭く車両が入れない場合どうすれば良いですか? | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

家の前の道が狭く車両が入れない場合どうすれば良いですか?

引越しを行う際には家の前の道などに大きなトラックなどを停めて作業をすることが一般的ですが、家の周りの環境などによって引越しの際に家から少し離れた場所にトラックを停めることになった場合に、家とトラックの間の荷物の移動を行うことを横持ちといいます。

横持ちの方法と作業内容

横持ちする際には台車などを使って行うことが多いですが、家からトラックまでの道の状態などによって荷物を移動させる手段が違います。
家の近くで作業を行う場合と比べると手間や時間がかかってしまいますが、引越しを行う際に家からトラックまでの道がアスファルトなどで舗装されている場合は台車などを使うことによって比較的スムーズに荷物の移動を行うことができます。

しかし、アスファルトでも舗装されていない道や砂利道などは地面がデコボコしているので台車などがスムーズに動かない場合がありますし、台車などで移動する際に生じる振動などによって荷物が台車から落ちやすくなってしまう可能性もあります。

そのため、荷物を守るために舗装されていない道や砂利道などの地面がデコボコしているところでは振動が生じる台車などを使うよりも、人の手によって荷物の移動を行う場合もあります。
引越しの際に家からトラックまでの距離が長ければ長いほど移動にかかる時間も長くなりますし、荷物の量によっては家とトラックの間を何回も移動する可能性もあります。

そして、引越しの荷物が同じ量だとしても家の近くで作業をする場合と比べて、横持ちすることによって手間や時間がかかったり、道の状態などによって台車を使うのではなく人の手が必要になった場合などには、引越し業者によって人件費などとして追加の費用がかかる可能性もあります。
そのため、事前に確認する必要がありますが、家の前の道が狭くて大きなトラックを停めることができないなどの理由で家とトラックに距離がある場合でも、横持ちすることによって引越し作業をすることができます。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!