道路が狭くピストン輸送と横持ち作業だとどちらが安い? | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

道路が狭くピストン輸送と横持ち作業だとどちらが安い?

引越しを行う場合、必ずしも現在の住居や新居がトラックによる輸送に適している立地ではないことが少なくありません。
質問いただいた「道路が狭く2tトラックのピストン輸送もしくは4tトラックで横持ちの場合どちらが安いか」というケースにおいて2tトラックの様な小回りが利くトラックでピストン輸送を行う方が良いか、それとも4tトラックのような大型トラックを用意して、住居からトラックまでの間で荷物の移動を行う横持ちをした方が良いかはケースバイケースであると言えます。

引越し料金の仕組み

引越し料金は基本的にトラックの配車に関する代金と人件費で決まる仕組みを持っています。そのためどちらがよりやすい条件になるかはそれぞれの引越し案件の詳細によるものであると言えます。
2tトラックでも中に入ることが難しい狭い場所での引越しであれば大型車での引越し作業の方がお得に済む可能性が高いですし、2tトラックが中まで入り込める環境であれば逆の可能性もあります。

いずれにしても引越し業者の現地確認による見積もり次第であると言えるでしょう。必ずしもどちらが適しているとは言えないものであると言えるでしょう。

トラックが入れない狭い路地の場合

なお、道路が狭く近くまでトラックが行けない場合には住居からトラックまでの荷物の移動が必要になりますが、この横持ち作業には天候の影響が大きく作用します。

天候が雨の場合にはどうしても濡れてしまうリスクを避けることが出来ませんので、その様な状況を避けたいのであれば多少高くなっても2tトラックの作業を選んだほうが良い場合もあるでしょう。この様にケースバイケースですので一概にどちらが良いかとは言えないのです。

移転距離も考慮する

また転居先との距離にも影響を受けます。ピストン輸送によって簡単に往復できるような近距離輸送であれば小さな車両での引越しの方が安くなるケースが多くなりますが、長距離輸送であれば多少横持ち作業が発生したとしても大きなトラックでまとめて輸送した方が安くなるでしょう。

前述したように人件費と配車料の合計が最小となるポイントでどちらが得かが決まります。遠方であれば殆どのケースで大型車の方が望ましいと言えるでしょう。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!