ご紹介件数

引越し前の手続き・準備のやることチェックリスト

新着ページ

ご紹介件数

一人暮らしで必要なものリストと費用総額|男女別・学生・社会人なども紹介

更新日:2022/06/17

一人暮らしで必要なものリストと費用総額|男女別・学生・社会人なども紹介

初めての一人暮らしをスタートさせるにあたって、どのようなものを揃えればよいのかお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

一人暮らしに必要なものは、男性、女性、学生、社会人など置かれている状況によっても異なります。

そこで今回は、一人暮らしに必要なものやかかる費用などをまとめてご紹介します。

初めての一人暮らしで最低限必要なもの

初めての一人暮らしで最低限必要なもの

一人暮らしをするにあたって、引越し初日に最低限揃えておきたいものは以下のとおりです。

種類 内訳
家電・家具
  • ・冷蔵庫
  • ・洗濯機
  • ・電子レンジ
  • ・照明
  • ・カーテン
寝具
  • ・枕
  • ・ベッドまたは布団(敷布団・掛け布団)
  • ・シーツ
バス・トイレ用品
  • ・トイレットペーパー
  • ・タオル
  • ・ボディソープ
  • ・シャンプー
  • ・歯ブラシ
  • ・歯磨き粉
キッチン用品
  • ・やかん(電気ケトル)
  • ・スポンジ
  • ・食器用洗剤
掃除道具
  • ・雑巾
  • ・ゴミ袋

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

家電・家具

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 照明
  • カーテン

初めての一人暮らしでは家電を1から揃えることになるため、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、照明などの必要不可欠な生活家電を購入する必要があります。

また、防犯や防寒のためにも、カーテンは初日から用意しておくのがおすすめです。

寝具

  • ベッドまたは布団(敷布団・掛け布団)
  • シーツ

枕や布団など寝具がないと、眠ることができません。

どうしても準備できない場合は、引越しで使用したダンボールを重ねて敷くなど代用できることもありますが、快適に生活をするためにも、早めに準備するのがおすすめです。

バス・トイレ用品

  • トイレットペーパー
  • タオル
  • ボディソープ
  • シャンプー・リンス
  • 洗顔料
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉

トイレットペーパーがないと、トイレができないため必ず準備しておきましょう。

バス用品は、近くに銭湯などある場合は急いで準備する必要はないかもしれないですが、歯ブラシなど衛生用品は忘れずに準備しましょう。

キッチン用品

  • やかん(電気ケトル)
  • スポンジ
  • 食器用洗剤

一人暮らしの引越し初日は、カップ麺やレトルト食品などの食事を取る機会も多くなりがちなので、やかんや電気ケトルがあると便利です。

食器などは生活していく中で揃えればよいですが、洗剤などは早めに準備しておきましょう。

掃除道具

  • 雑巾
  • ゴミ袋

引越しに伴って掃除を行うために、汚れを拭き取る雑巾が必要です。

また、引越し直後は意外とゴミが出やすいので、地域指定のゴミ袋も準備しておきましょう。

一人暮らしで準備しておきたいもの

一人暮らしで準備しておきたいもの

ここまでは、最低限必要なものを紹介してきました。

しかし、性別や状況などによって、必要なものも変わってきます。

そこで、ここからは状況別に、プラスで準備しておいた方がよいものを紹介していきます。

男性の一人暮らしで必要なもの

  • シェーバー
  • 消臭グッズ

シェーバーは電動シェーバーを選ぶと毎日のお手入れが楽になります。

エチケットとして消臭グッズを用意しておくのもおすすめです。

女性の一人暮らしで必要なもの

  • ヘアドライヤー
  • 生理用品
  • 防犯グッズ

女性の一人暮らしには、危険から身を守るための防犯グッズを用意しておくと安心です。

身だしなみを整えるためのヘアドライヤーや化粧品のほか、生理用品も忘れずに準備しておきましょう。

学生の一人暮らしで必要なもの

  • ノートパソコン(カメラ付きのもの)
  • USBメモリ
  • プリンター

学生はレポート提出の機会が多いため、レポート作成用のノートパソコンとUSBメモリを購入しておきましょう。

ノートパソコンはリモート授業を想定し、カメラ付きのものを選ぶことをおすすめします。

また、プリンターを用意しておくと作成したレポートを自宅で印刷できるので便利です。

社会人の一人暮らしで必要なもの

  • スチーマーやアイロン
  • アイロン台
  • パソコンデスク
  • パソコンチェア

革靴やカバンなどをお手入れするためのシューケア用品や、スーツのしわを伸ばすためのスチーマーやアイロンを用意しておくとよいでしょう。

また、在宅勤務が中心の方はパソコンデスクやパソコンチェアも必要です。

必要なものを揃えるのにかかる費用

必要なものを揃えるのにかかる費用

最低限必要なものと男性~社会人の費用を全て合計すると、次の表のようになります。

費用相場
最低限必要なもの 120,000円~180,000円
男性に必要なもの 5,300円~10,500円
女性に必要なもの 4,000円~13,000円
学生に必要なもの 30,000円~180,000円
社会人に必要なもの 15,000円~55,000円

最低限必要な費用が120,000円~180,000円となっています。

学生はノートパソコンが必要になるため、ほかの人よりも相場が高めです。

社会人は、PCデスクやPCチェアなどを購入する場合、疲れにくく仕事がしやすいタイプを選ぶと相場が高くなる傾向があります。

最低限必要なものにかかる費用は、下記のとおりです。

費用相場
家電・家具 100,000円~150,000円
寝具 10,000円~20,000円
バス・トイレ用品 3,000円~5,000円
キッチン用品 3,000円~5,000円
掃除道具 400円~800円

上記のなかでは家電や寝具に特に費用がかかるため、事前に必要な費用を確認して備えておくことが大切です。

キッチン用品や掃除道具などは、100均で購入できるものを選ぶと少し費用を抑えることも可能です。

男性に必要なものでかかる費用

費用相場
シェーバー 5,000円~10,000円
消臭グッズ 300円~500円

※2022/4/20時点の情報です

シェーバーは電動のものを選ぶと5,000~10,000円ほどかかりますが、電動でなければもう少し安価に費用を抑えることも可能です。

女性に必要なものでかかる費用

費用相場
ヘアドライヤー 3,000円~10,000円
生理用品 300円~1,000円
防犯グッズ 1,000円~2,000円

※2022/4/20時点の情報です

最安値のドライヤーは3,000円前後でも購入可能ですが、長く使うことや髪へのダメージ等も考えると、5,000円程度かそれ以上のものを買った方が、最終的な費用は安く済むかもしれません。

学生に必要なものでかかる費用

費用相場
ノートパソコン 30,000円~150,000円
USBメモリ 1,000円~2,000円

※2022/4/20時点の情報です

学生に必要なもののなかでは、ノートパソコンの費用が大半を占めています。

なかには50,000~80,000円ほどで購入できるノートパソコンもありますが、スペックに妥協しすぎると不便を感じるため、価格だけを重視せずに選ぶことをおすすめします。

プリンターは、USBメモリがあればコンビニなどでも印刷は可能なため、必須ではありません。

ただし、1年生~2年生で大学生活がまだ続く場合は、早めに買っておくと便利です。

社会人に必要なものでかかる費用

費用相場
スチーマー・アイロン 3,000円~10,000円
アイロン台 2,000円~5,000円
パソコンデスク 5,000円~20,000円
パソコンチェア 5,000円~20,000円

※2022/4/20時点の情報です

在宅勤務でなく、日常的にパソコンを使う機会が少ない方は、パソコンデスクやパソコンチェアが不要になる場合もあります。

身だしなみとしてスチーマー・アイロン、アイロン台は用意しておくことをおすすめします。

まとめ

一人暮らしに必要なものについてお伝えしてきました。

  • 初めての一人暮らしには家電、家具、寝具、バス・トイレ用品、キッチン用品、掃除用具などが必要になる
  • 男性、女性、学生、社会人の一人暮らしに必要なものはそれぞれ異なるため、自分に必要なものは何があるのかを確認しておくことが大切

誰もが一人暮らしを始める上で最低限必要なものを揃えるための費用相場は、146,900円~261,900円となっています。

引越しにあたって必要なものを事前に確認し、計画的に引越し準備を進めることが大切です。