ご紹介件数

2月〜4月は引越しの依頼が集中するため、お早めのお見積もりをお願い致します

引越し費用相場と安く引越しをする方法

都道府県から行先別引っ越し費用と料金相場

47都道府県の引っ越し費用と料金相場

都道府県別の一人暮らしにかかる初期費用

新着ページ

ご紹介件数

沖縄県での一人暮らしの初期費用と引越し料金を安くする方法

沖縄県の一人暮らしの初期費用と引越し料金を安くする方法

一人暮らしにかかる初期費用は、その土地の相場や物価によって大きく異なります。

沖縄県で一人暮らしする場合の初期費用は、平均 44万円70.3万円 程度です。

この記事では、一人暮らしの初期費用や内訳まで紹介します。ご自身の状況を考えながら、シミュレーションしてみてください。

沖縄県で初めて一人暮らしする初期費用は平均 44万円 ~ 70.3万円

沖縄県で初めて一人暮らしをする場合、初期費用としての平均額は 44万円70.3万円 です。

また、 70.3万円 ほどあれば、余裕を持って一人暮らしを始めることができると考えられます。

一人暮らしの初期費用
料金相場 440,237
最低でも必要な料金 440,237
余裕のある料金 703,460

※掲載している金額は一例です。物件ごとに一律な条件ではありませんので、あくまで目安としてご利用ください。

一人暮らしにかかる初期費用は、大きく3つのカテゴリから構成されています

次の章から、それぞれ具体的に紹介していきます。

沖縄県の引っ越し費用の相場

沖縄県に一人暮らしの人が引越しをする場合、通常期で 2万円18.9万円 程度、繁忙期で 4.3万円16万円 程度が相場です。

※相場は「沖縄県の引越し費用・料金相場と安い引越し業者」のページを参照

荷物の量によっても金額が上下するため、多い場合には1万円~2万円ほど値上がりします。

沖縄県での一人暮らしの初期費用と引越し料金を安くする方法

より正確に引越し費用が知りたい方は「引っ越し見積もりシミュレーション」で、自分の引っ越し費用の概算を計算することができるので、ぜひ活用してみてください。

通常期(5月~2月)の沖縄県の引っ越し費用の相場と料金の目安

運搬距離 単身(荷物少) 単身(荷物多)
全平均 20,340 39,000
~15km未満
(同市区町村程度)
18,490 37,000
~50km未満
(同都道府県程度)
15,400 28,600
~200km未満
(同一地方程度)
-- 36,000
~500km未満
(近隣地方程度)
40,000 --
500km以上
(遠距離地方程度)
72,000 189,000

※目安金額は当社サービスの過去の利用ユーザーの口コミを元に相場の算出をおこなっております
 引越しの料金は依頼者の各種条件によって上下するため、参考値とお考え下さい

※掲載している金額は一例です。物件ごとに一律な条件ではありませんので、あくまで目安としてご利用ください。

繁忙期(3月、4月)の沖縄県の引っ越し費用の相場と料金の目安

運搬距離 単身(荷物少) 単身(荷物多)
全平均 43,000 50,000
~15km未満
(同市区町村程度)
22,500 40,000
~50km未満
(同都道府県程度)
-- 100,000
~200km未満
(同一地方程度)
56,000 --
~500km未満
(近隣地方程度)
-- --
500km以上
(遠距離地方程度)
600,000 160,000

※目安金額は当社サービスの過去の利用ユーザーの口コミを元に相場の算出をおこなっております
 引越しの料金は依頼者の各種条件によって上下するため、参考値とお考え下さい

※掲載している金額は一例です。物件ごとに一律な条件ではありませんので、あくまで目安としてご利用ください。

引っ越しにかかる料金は、「距離」「荷物の量」「時期」によって金額が大きく上下します。
引っ越し業者は3ヵ月先まで見積もりを出すことができるため、まずは実際にかかる費用を確認することをおすすめします。

沖縄県の物件の初期費用は28.2万円程度

沖縄県で物件にかかる初期費用は 28.2万円 程度が相場です。

※物件の初期費用データは、HOMESの家賃相場全国の賃貸マンションの一時金共同調査結果引越し侍の記事から算出

物件にかかる初期費用とは、賃貸物件の旧居前に支払うまとまった費用のことで、主に以下のような費用です。

  • 敷金 … 保証金とも呼ばれ、賃貸契約時に一時的に預けておくお金。退去時に、条件によっては戻ってくることもある。
  • 礼金 … 貸主に「お礼」として支払うお金。戻ってくることはない。
  • 仲介手数料 … 物件を紹介してくれた不動産屋に支払うお金。家賃1か月分が相場。
  • 前家賃と日割り家賃 … 入居翌月分の家賃と、入居月の日割り家賃。フリーレント物件ではかからないことが多い。
  • その他諸経費 … 管理費や共益費、鍵交換、保険、クリーニング・消毒などにかかる費用。新築物件であれば、鍵交換やクリーニング等はかからない。

敷金と礼金は、家賃0.6ヵ月分などと言われていますが、実際のところ地域によって相場が異なることが多いため、住みたい地域の相場を確認することが大切なのです。
ここからは、それぞれの費用について紹介していきます。

沖縄県の敷金相場は 2.3万円

敷金とは、物件を借りる際に大家へ渡す「保証金(担保金)」です。

※敷金は、HOMESの家賃相場と全国の賃貸マンションの一時金共同調査結果から算出

沖縄県の敷金は、家賃0.44ヵ月分2.3万円 が相場とされています。
敷金は保証金として預けるため、退去の際の修繕に使用されます。
契約内容によっては、修繕箇所が少なければ費用が戻ってくることもあります。

沖縄県の礼金相場は 8,288円

沖縄県の礼金は、家賃0.16ヵ月分8,288円 が相場とされています。

※礼金は、HOMESの家賃相場と全国の賃貸マンションの一時金共同調査結果から算出

礼金とは、物件を借りる際に大家へ渡す「謝礼」です。
礼金は謝礼として渡すお金のため、返金はされません。
近年では、礼金を設定していない物件も増えてきているので、選ぶ物件によっては費用がかからないこともあります。

料金の目安 家賃6万円の相場 家賃7万円の相場 家賃8万円の相場
敷金 家賃 約 1.2 か月分 7.2 万円 8.4 万円 9.6 万円
礼金 家賃 約 0.9 か月分 5.4 万円 6.3 万円 7.2 万円
仲介手数料 家賃 約 0.5 か月分 3.0 万円 3.5 万円 4.0 万円
前家賃 家賃 約 1 か月分 6.0 万円 7.0 万円 8.0 万円
日割り家賃 入居日による (家賃÷入居月の日数×入居日数)
管理費・共益費 家賃の 0.5 1 か月分 3 6 万円 3.5 7 万円 4 8 万円
賃貸保証料 家賃の 0.5 1 か月分 3 6 万円 3.5 7 万円 4 8 万円
鍵交換費用 2 3 万円
火災保険料 2 万円
消毒料 1 2 万円
総額 26.7 36.5 万円 30 40 万円 35 45 万円 40 50 万円

※掲載している金額は一例です。物件ごとに一律な条件ではありませんので、あくまで目安としてご利用ください。

仲介手数料

一般的な仲介手数料は家賃1ヵ月分と消費税とされているので、沖縄県の場合 約5.2万円 が相場です。

仲介手数料とは、貸主ではなく、物件を紹介してくれた不動産仲介会社に支払う費用で、家賃1か月分と消費税分までが上限とされています。

近年では、仲介手数料を安く設定したり、無料にしたりなどして、契約しやすくしている不動産仲介会社もあります。
少しでも費用を節約したい人は、同じ物件でも仲介手数料がより安い不動産仲介会社を選ぶのがおすすめです。

前家賃と日割り家賃

前家賃とは、入居の翌月の家賃のことで、多くの場合入居月に合わせて支払うよう求められます。
日割り家賃は、入居が月の半ばの場合に支払う当月の家賃です。

沖縄県の場合、家賃が 約5.2万円 なので、 5.4万円 (家賃+(家賃/30))~ 10.4万円 (家賃×2)が相場です。

ただし、近年では「フリーレント」といって、1~3か月分の家賃が無料になるという物件もあります。
契約期間が定められているなど条件はありますが、初期費用を少しでも安くしたい人は、フリーレント物件を探してみましょう。

フリーレント物件について詳しく確認する

その他諸経費

他には主に、保険や保証、部屋のメンテナンスなどに費用がかかります。
沖縄県の場合、 8.3万円15.7万円 が相場です。

費用相場 備考
管理費・共益費 2,590 5,180 賃貸物件のメンテナンスや維持にかかる費用
賃貸保証料 25,900 51,800 保証人がいない人が賃貸物件を借りる場合や、保証人不要の物件でかかる費用
火災保険料 1.5万円2.5万円 火災や雨漏りなどがあった際に家財を守る目的で、火災保険の加入が必須の物件が多い。
鍵交換費用 1万円2.5万円 防犯のため、万が一に備えて鍵を交換する物件が一般的。新築物件では不要。
クリーニング・消毒料 3万円5万円 前に入居者がいた場合、ハウスクリーニング等が行われることも。新築物件では不要。

※掲載している金額は一例です。物件ごとに一律な条件ではありませんので、あくまで目安としてご利用ください。

沖縄県で家具家電にかかる費用相場は20万円程度

初めて一人暮らしをする場合、家具家電を揃えるために必要な予算は 20万円程 です。

必要なもの 相場費用
家電 洗濯機 30,000
冷蔵庫 40,000
電子レンジ 15,000
テレビ 40,000
照明 5,000
家具 テーブル 7,000
収納ケース 5,000
カーテン 5,000
寝具 ベッド 15,000
布団セット 9,000
総額 171,000

※掲載している金額は一例です。物件ごとに一律な条件ではありませんので、あくまで目安としてご利用ください。

引越しで購入する家具・家電の費用と日用品の必要なものリスト

家具や家電などは、リサイクルショップで購入したり、知人などからもらい受けたりすることで、節約することが可能です。
カーテンやベッドなどは、実家からそのまま持っていくことができれば、費用はかかりません。

ただし、引越し元から持っていく荷物が増えると、引越し料金が高くなるというデメリットもあります。
特に、県をまたぐような長距離引越しの場合は料金が大きく変わる可能性があるので、引っ越し見積もりを取るときに確認をして、どちらが安くなるか検討してみてください。

一人暮らしの初期費用を安く抑える方法4選

初めて一人暮らしをするときは、これまで紹介したように多くの費用がかかります。
しかし、少しでも安く一人暮らしを始めたい、という人が多いのではないでしょうか?

ここでは、一人暮らしの初期費用を安く抑える4つの方法を紹介します。

まずは、最も費用がかかる物件の初期費用を節約してみましょう。
家賃を下げるのもいいですが、敷金・礼金や仲介手数料など、初期費用のみを抑えることができる物件もあります。

さらに節約をするには、引越しや家財道具の購入にかかる費用を抑えることもできます。

ここからは、それぞれの節約方法について詳しく紹介していきます。

敷金礼金なしの物件を選ぶ

敷金も礼金も必要ない物件のことを「ゼロゼロ物件」と呼びます。
近年、入居者を募るため、こうしたゼロゼロ物件が増えてきています。

他に入居者がいる物件では、家賃を下げることは難しいですが、敷金・礼金であれば、下げることができるからです。
こうして初期費用を安くすることで、空き物件を少しでも埋めようとする貸主が増えてきました。
また、周囲で「ゼロゼロ物件」が増えてきた結果、同じように敷金・礼金を下げる対応をする貸主もいます。

ほとんどの不動産仲介会社では、「敷金礼金がかからない物件を探している」と相談すれば、ゼロゼロ物件に絞って紹介してくれます。
さらに、敷金は「敷金をなしにしてくれたら即決する!」などと言えば、応じてくれる大家さんもいるので、どうしても費用を抑えたい人は交渉してみましょう。
値下げ交渉が成功しやすい時期は賃貸物件の閑散期となる4月~9月です。

仲介手数料を無料にする

仲介手数料は、不動産会社が独自で決めている料金なので、不動産会社に交渉することで無料にしてもらうことができます。

元々仲介手数料が無料の不動産会社や物件もあるので、交渉が苦手な人は根気よく探してみましょう。

安くなる方法 安くなる金額(平均) 難易度 特徴
1位
一括見積もりを利用する
-31,600 ★☆☆☆☆ 一括見積もりサイトから見積もり依頼するだけでOK
2位
混載便を利用する
-19,746 ★★★★★ 引越し業者の運送状況次第のため狙って利用することは難しい
3位
安い時期を選んで引越しをする
-15,931 ★★★☆☆ 引越し時期が変更できる場合は有効
4位
作業の開始時間を指定しない
-14,296 ★★☆☆☆ 時間に余裕をもった引越しができる場合は有効
5位
単身引越しパックを利用する
-12,028 ★★☆☆☆ 荷物量が少ない場合には有効
6位
不用品を処分する
-5,851 ★★☆☆☆ 荷物を大幅に減らせる場合には有効
7位
訪問見積もり時に値引き交渉をする
-5,000 ★☆☆☆☆ 見積もり時に値引き交渉をするだけ
8位
ダンボールを自分で調達する
-1,880 ★☆☆☆☆ ダンボールを自分で調達すればOK
参考:自分で荷造りする
(~15kmの引越し場合)
-30,582 ★☆☆☆☆ 自分で荷造りをする時間があればOK
参考:帰り便を利用する
(~200kmの引越しの場合)
-29,988 ★★★★★ 引越し業者の運送状況次第のため
狙って利用することは難しい

※通常期・引越し距離50kmの場合の目安の金額です。引越し条件や時期によって金額は変動します。

※掲載している金額は引越し侍の利用ユーザーのアンケート(過去3年分)から算出しております

※掲載している金額は一例です。物件ごとに一律な条件ではありませんので、あくまで目安としてご利用ください。

一括見積りをして引越し費用を安くする

複数の引越し業者に一括見積もりを依頼することで、平均 3.16万円 費用を安くすることができます。

通常期

単身引越しの場合 料金差 最も低い見積もり金額 最も高い見積り金額
~15km未満
(同市区町村程度)
-27,000 28,000 55,000
~50km未満
(同都道府県程度)
-31,600 30,800 62,400
~200km未満
(同一地方程度)
-41,500 50,000 91,500
~500km未満
(近隣地方程度)
-60,000 60,000 120,000
500km以上
(遠距離地方程度)
-70,000 80,000 150,000

※掲載している料金は引越し侍の利用ユーザーのアンケート(過去3年分)から平均額を算出しております
※相場は市場の変化等により大きく変動する場合がございますので、あくまで目安としてご利用ください

※掲載している金額は一例です。物件ごとに一律な条件ではありませんので、あくまで目安としてご利用ください。

繁忙期

単身引越しの場合 料金差 最も低い見積もり金額 最も高い見積り金額
~15km未満
(同市区町村程度)
-40,000 40,000 80,000
~50km未満
(同都道府県程度)
-55,000 45,000 100,000
~200km未満
(同一地方程度)
-75,000 75,000 150,000
~500km未満
(近隣地方程度)
-110,000 90,000 200,000
500km以上
(遠距離地方程度)
-130,000 120,000 250,000

※掲載している料金は引越し侍の利用ユーザーのアンケート(過去3年分)から平均額を算出しております
※相場は市場の変化等により大きく変動する場合がございますので、あくまで目安としてご利用ください

※掲載している金額は一例です。物件ごとに一律な条件ではありませんので、あくまで目安としてご利用ください。

引越し料金には定価がないため、同じ条件でも引越し業者によって見積もり料金が異なる場合が多いです。
そのため、1社からしか見積もりを取らないでいると、「もっと安く引っ越しができる業者があるかもしれない」ということに気づくことができません。
複数社に見積もりを取ることで、安い見積もり料金の引越し業者をみつけることができるのです。

しかし、自分で1社ずつに電話をかけて見積もり依頼を行うのはとても面倒ですよね。
そこでおすすめなのが、引越し侍の一括見積もりサービスです。
住所や日付、荷物の量などの情報を入力するだけで、最大10社の対応可能な引越し業者に、一気に見積もり依頼をすることができます。
1社ずつ連絡をする手間が省けるので、手間をかけずに引っ越し費用を安くしたいという人におすすめです。

家具家電付きの物件を選ぶ

家具家電付きの物件とは、ベッド、ソファ、テレビ、洗濯機など最低限必要な家具や家電が、最初から設置されている物件です。
設置されている家具や家電の量・種類は、物件によって異なるので、入居前にしっかり打ち合わせをしておく必要があります。

初めて一人暮らしをする場合であれば、家具・家電が揃っていることで、購入や運搬にかかる費用を抑えることができます。

家具家電が最初からそろっていれば、初期費用にかかる費用を大幅に安くすることができます。
ただし、家具家電付き物件は同じ条件の物件と比べて、家賃が2~3割ほど高くなる傾向があります。
住む年数にもよりますが、初期費用を抑えることができても家賃が高くなってしまえば、「長い目でみると逆に高くなってしまう」という可能性もありますので、よく検討しましょう。

一人暮らしを始めるために
必要な資金は計画的に準備する

沖縄県で初めて一人暮らしをするときにかかる初期費用は、平均 44万円70.3万円 です。
かかる費用は「物件にかかる初期費用」と「引っ越し費用」、「家具家電の購入費用」と、大きく3つにわけることができます。

沖縄県の場合は、物件の初期費用が 22万円34.3万円 、引っ越し費用が 2万円3.9万円 、家具家電の購入費用が 20万円 となります。

ただし、物件の費用や引っ越し費用は、時期によって相場が大きく異なります。
特に、3月・4月の「引っ越しシーズン」は、どちらも値上がりしやすい傾向があるので、ほかの時期を選んで一人暮らしを始めることで、初期費用を抑えることができます。

一人暮らしに必要な資金を、すぐに用意することは難しいかもしれません。
そのため、計画的に準備しておくことが大切です。

初期費用をどうしても準備できなかった場合は、物件の条件を変える・一括見積もりを利用する・家具家電の購入費用を抑えるといった方法で節約して、少しでも安く一人暮らしを始めましょう。