タイの賃貸事情 | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

タイの賃貸事情

更新日:2021/04/28

アジア諸国の中でも日本と友好的な関係にあることで知られるタイは、旅行先としての他、食事面、また居住のしやすい国としても人気があります。今回は、タイにおける長期的な滞在に役立つ、賃貸物件事情についてまとめました。メリットが多く見られるため、特徴を把握し た上でぜひ検討してみて下さい。

タイの賃貸物件における料金相場

日本の相場と比べ、かなり安く感じられる価格帯が特長的となっています。一般的な賃貸住宅であれば、一月約5,000円で借りることができます。日本の賃貸物件において月家賃が1万円をケースはほとんど見られないため、かなりお得に感じられることでしょう。平均的なタイバンコクにおける日本人給与が約800ドルであることから考えても、生活はかなりしやすいと言えます。現地通貨に換算すると、約5,000から8,000バーツとなります。

そんなタイの中でも、少し高級層向けの賃貸物件において贅沢な暮らしがしたいと考える場合であっても、家賃は10万円ほどとなります。東京都心であればコンパクトな住宅でも10万円以上するケースが少なくないため、お得にセレブな気分を味わうことができます。

タイで安い物件を探すのであれば

現地企業や店舗、サービスでの勤務を考える際には、収入面も現地の人と似たような形となりやすいです。それだけに、やはり余裕のある暮らしをするためには、家賃は安いに越したことがありません。格安物件の探し方のコツは、日本人向け不動産サービスなどではなく、現地のフリーペーパーを活かす形がおすすめと言えます。大手観光業者などには把握しにくい、掘り出し物的なお得物件の掲載にも期待が持てるためです。

またもう一点、タイならではの探し方として、日本食品スーパーの掲示板が挙げられます。日本人の買い物客向けに、日本人が利用しやすい物件を紹介しているケースも少なくないので、手軽に探すことができます。地域に根ざしたお店であれば、それこそ地元ならではの良心的な物件も見つけやすくなります。

タイの賃貸物件における敷金の特徴

日本同様、タイの賃貸物件においても、借りる前に敷金や前家賃を必要とするケースが多く見られます。敷金は家賃1、2ヶ月分、そして前家賃は1ヶ月分と言った形が一般的となっています。部屋の破損や汚損が生じなければ、敷金に関しては退居時に返金してもらうことができます。

また国外不動産の利用ならではと言える支払いに、賃貸住宅家賃税と言う税金のことも把握しておかなければなりません。「VAT」と呼ばれており、法律にて支払いが定められています。しかし基本的には、家賃に含まれているケースがほとんどであるため、別途気にする必要がない場合も多いです。

特に住み良さを感じられる地域

やはりもっとも栄えた雰囲気を感じることができる、バンコクがおすすめと言えます。各種施設他、日本人向けのサービスも充実しており、はじめての居住にも安心感が持てます。また物価も安いので、日本で受けるようなサービスを利用する際にも、お得感が感じられます。

次に、スクンビットも外せないエリアと言えます。日本人が特に多く住む外国人に人気の地域で、日本人街のような雰囲気も特徴的に見られます。中でも北エリアのソイ20周辺は、日本人居住者の密集地となっています。

日本人観光客や移住者へ向けた展開も積極的に行う国であるため、賃貸物件を利用して移り住む際にも、充実感が感じられやすいことでしょう。上記に取り上げた地域以外には、ペップリー、パヤタイ、ラチャプラロップなども人気です。お得な賃貸を利用して、気軽にタイライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!