中国の賃貸事情 | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド

ご紹介件数

中国の賃貸事情

更新日:2021/04/28

世界最大の人口を誇る国、お隣中国は、距離的にそこまで遠くないものの、独自に発展した魅力的な文化を体感することができるため、好んで通う人も少なくありません。また発展著しい国であるため、ビジネス目的で足を運ぶケースも多いことでしょう。以下では、そんな際に役立つ、賃貸物件の特徴についてご紹介しています。

中国の賃貸物件利用料

人口が多く、またあらゆる収入層が存在するため、手軽に借りることのできる賃貸物件も、比較的広く展開されています。また相場的に日本より抑えめであるため、手頃な物件であっても以外に規模が大きいと言ったケースも少なくありません。そのため中国における物件賃貸は、高い満足度に期待が持ちやすいと言えるでしょう。2,000から3,000元と言った、円換算すると日本の比較的手頃な賃貸価格である価格帯でも、高級物件で生活を送ることが可能となります。

考え方としては、まず現地通貨である元を円換算し、さらに5〜6倍します。そこで算出された価格帯の、日本の物件を考えてみましょう。その規模こそが、ちょうどもの元価格にて、中国で借りることができる物件レベルとなります。物件探しの基準となる概念なので、覚えておくと便利です。

しかし、とにかく国土が広いだけに、価格傾向は地域によってさまざまです。特に高いのは、中国を代表する都市に数えられる上海や香港です。「花園」と呼ばれる高級住宅街も少なくなく、贅沢な生活を体感する場としても適しています。その反対に、都市部とは一線を画した雰囲気を有する、寂れた印象の街も少なくありません。こう言った地域ではかなり安い賃貸物件も展開されていますが、治安や利便性に関してあまり期待できません。

中国に移住する際の注意点

まず一つに、騒音問題が挙げられます。日本では防音への高い意識を有した物件が多く見られますが、中国に関してはまた異なります。コンクリート打ちっぱなしの造りも少なくないので、生活音や内装工事音が苦痛と感じられるケースも少なくありません。また、中国ならではの文化である、おめでたい際に用いられる、花火や爆竹の音も気になりやすいです。爆音が頻繁に鳴り響くため、慣れるまでは違和感が続くことでしょう。

次に、照明の特徴も覚えておきましょう。日本では蛍光灯を用いた明るい生活空間が好まれますが、中国をはじめとした海外では、あまりそういった雰囲気が好まれません。そのため一般的な物件を借りたとしても、妙に暗さが気になると言ったケースも十分に考えられます。どうしても慣れない場合には、別途日本人の感覚に適した機器を買うと良いでしょう。

こうした不便を極力和らげたいと考えるのであれば、日系企業が展開する、日本人向け物件がおすすめです。日本人の感覚に合わせた部屋も少なくないので、違和感なく生活が送りやすくなります。

中国で家を探す理想的なタイミング

主には年に回、4月と10月の前後がおすすめと言えます。これらは中国における半期となるタイミングであるため、これに合わせ不動産会社も豊富に物件を展開するのです。一年を通しても特に賃貸市場が充実する時期なので、理想的な部屋が見つけやすくなります。

特に後者の10月前後は、学校の年度がスタートするタイミングでもあります。家族向けの大規模住宅から、一人暮らしをする学生向けのコンパクトな物件まで、幅広い展開に期待が持てます。

中国と一口に言っても、とにかくエリアによって不動産の傾向はさまざまです。それにより、価格帯から生活面の注意点まで大きく異なります。そのため中国における家探しは安易に行わず、しっかり下調べを行った上で、こだわって臨むことをおすすめします。

新着ページ

ご紹介件数