新居へ行く途中で立ち寄りしてもらうことはできますか? | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド

ご紹介件数

新居へ行く途中で立ち寄りしてもらうことはできますか?

更新日:2021/04/28

引越しを行う上で荷物の移動先が一カ所ではないケースは少なからず存在します。 例えば家財道具の一部を誰かに譲渡するなどの場合には2箇所降ろしと呼ばれる作業が必要になることもあるでしょう。 この様な対応には応じてくれる引越し業者が多いですが、2箇所降ろしが可能であるかどうかについては場所がどこであるかにも影響を受けるものであると言えます。 メインとなる引っ越し作業のついでに立ち寄れる場所にある場合には特に問題ありませんが、立ち寄りとは言い難い場所にある場合などにおいては引越しのサービスの範囲外のサービスであるとみなされて高くつくケースが少なくありません。 その様なケースにおいては別途長距離輸送を得意とする業者に頼んだ方が安く済むということもあるでしょう。

2箇所降ろしを希望するケース

家財道具の一部を知人や家族に譲渡する目的で比較的近隣に立ち寄るケースと、新居におかない荷物を貸し倉庫やトランクルームに届ける作業などが一般的です。 稀に離婚や別居を目的としてこのサービスを利用するケースもありますが、それほど一般的な利用であるとは言えません。 引越しを行う上では比較的珍しい形であると言えるでしょう。 対応できるかどうかについては場所と内容によりますので引越し業者と相談することが必要になるでしょう。

事前登録依頼が必要

なお、この様な対応を行うに当たっては事前に依頼をしておくことが重要です。 当日突然依頼をしても対応してもらえない場合が多いからです。 荷物を積み込むに当たっても相応の対処が必要になりますし、移動距離やスケジュールの問題もあるからです。 見積もり作成時に話をしておかなければ対応してもらえないか、あるいは不本意な追加料金になってしまうケースもありますので特に注意して対応するようにしましょう。 スタッフの人数や時間の確保などに余裕がないケースもありますので、その様な作業内容に関しては慎重に対処するようにしましょう。

新着ページ

実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!