日通の「えころじこんぽ」のフルとハーフはどう違うの? | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド

ご紹介件数

日通の「えころじこんぽ」のフルとハーフはどう違うの?

更新日:2021/04/28

えころじほんぽのハーフ・フルの違いをすごく簡単に言うと、引越し作業すべてをお任せするか、一部を自分でするかの違いです。 どちらも家具家電などの大型家具の梱包・搬出・輸送・搬入・設置はお任せで、荷造りと荷解きの部分をどうするかというところです。 ハーフでは自分でやる作業を部分的に自由に選ぶことができます。 荷造りだけするけど荷解きはお任せ(その逆も)などもできます。 どちらも繰り返し使える梱包資材をおもに使うので、後日段ボールを処分したりすることもありませんし、運び出す際もスムーズで引越し当日の作業時間が短縮されるのでストレスなく引越しできます。 梱包資材には
・食器トランク
トランクの内側のウレタン素材のスポンジで挟むことで紙で包むことなく収納できるので、紙ごみも出ずに安全でスピーディーに梱包ができる。
・シューズボックス
1足ずつ独立して収納するので箱に入れなくても型崩れしない。
・ハンガーボックス
ハンガーに吊るしたまま運ぶので衣類がしわになることなく、コートなどのかさばる物も収納がラク。 などがあり引越し前から準備しなくとも、当日に作業がスムーズに進みます。
特に引っ越しで梱包に意外と時間がかかる食器に関しては、通常80分以上かかるといわれていますが、食器トランクを使うことで、30分ほどで終わります。

えころじほんぽハーフ

前に書いたように部分的に自分で作業する部分を自由にアレンジできるところが特徴で
  • 食器の梱包などの大変な作業はお任せしたい
  • 自分で荷造りしたい荷物がある
  • 時間はあまりないけれど引っ越し代金を少しでも安くしたい
  • 引越し前は時間がないが、引っ越し後は時間がある(その逆も)
という人におススメです。

えころじほんぽフル

運び出しだけでなく荷造り、荷解きもすべてお任せなので金銭的に余裕があるというのが前提で
  • 荷造りや荷解きする時間がない
  • 荷物すべておまかせしていい
という人におススメということになります。

新着ページ

ご紹介件数