引越し料金を相見積もりしたら、雑な作業をされませんか? | 引越し業者の見積もり比較なら引越し価格ガイド 引越し価格ガイド 引越し見積もり
ご紹介件数2,130万件突破!2016年5月現在

引越し料金を相見積もりしたら、雑な作業をされませんか?

引越し業者は現在非常に多くの業者が混在している状況にあり、競争が激しい環境におかれています。
そのため引越し業者選定のための相見積もりは至極当然の行為であり、行うことが当たり前の風潮があります。そのため相見積もりをおこなうことや値切ることにより作業が雑になるということは通常考えにくいことであると言えるでしょう。もしもその様なことがあればインターネットが高度に普及した現在においては即座に悪い情報が拡散し、業務上悪影響が出ることは多くの業者が認識しています。
そのため値切る行為によって作業の質が低下することはあまり心配する必要はありません。

値段交渉で上手くいくケースも

引越し業者側としてはむしろ相見積もりを行っていることを明確にした方が話が早く進む場合があります。仕事の量が限られており、それを素早く確保するかどうかが問われていますので引越し業者側も駆け引きを最短にするように動くケースも少なくありません。
それは即決してもらうにはどのような条件が必要であるかという非常にストレートな質問となって現れてくる場合があるのです。この様な条件を向こうから言いだしてきた場合には思い切った話もできるでしょう。そのため思い切って相見積りを取ることをはっきりと言ってしまうことも有効であると言えます。

しかしながら業者が即決の条件を求めてくるなど具体的な動きを見せてきた場合には、その提案に対しては誠実に対応すべきであると言えます。
交渉の時間を短縮し、その場で契約を成立させることを目的としている話ですのでいつまでもふらふらと意見を決定しないのはかえって逆効果になる場合があります。
安い金額で引越しをするためには条件を相手任せにするなど引越し業者側にとっても組み立てやすい条件を提示することも重要です。

希望が多いのに意思をはっきり出さない場合などはリスクがあると判断される場合もありますので、駆け引きを行うのもほどほどにしておく方が良いと言えます。繁忙期であれば必ずしも買い手市場ではない場合もあります。

新着ページ 2015.12.03更新
実績は2,130万件以上! 続々と見積もりをいただいています!