ご紹介件数

引っ越し見積もりを安くするコツ

新着ページ

ご紹介件数

引越しで出る不要な家具・家電を買い取ってくれる場所まとめ

更新日:2022/07/01

引越しで出る不要な家具・家電を買い取ってくれる場所まとめ

引越しの荷造りで出る不用品は、できるだけ手早く処分してしまいたいものです。

しかし、どのような方法で処分すればよいのか迷っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、引越しで出る不要な家具・家電を買い取ってくれる場所を、手軽な順番に紹介します。

家具・家電の買取りサービス一覧

家具・家電の買取りサービス一覧

不要な家具・家電を買い取ってもらえる場所として、売りやすい順に引越し業者の不用品買取サービス、リサイクルショップ、フリマアプリ、ネットオークションなどがあります。

■ 家具・家電の買取サービス

買取サービス 特徴 代表サービス
引越し業者の不用品買取サービス 引越しの依頼と同時に依頼できるので手間がかからない サカイ引越センター
アーク引越センター
アップル引越センター
リサイクルショップ 持込みや訪問などの手間はかかるが、その場で買取可能かどうかわかる ブックオフ
オフハウス
トレジャーファクトリー
フリマアプリ 配送の手間がかかるうえ、売れるまでに時間がかかる場合がある。家電は売れやすいのでおすすめ メルカリ
楽天ラクマ
PayPayフリマ
ネットオークション 売れるかどうかはわからないが、需要があれば金額は上がるため、高値で売りたい人におすすめ ヤフオク!
モバオク
eBay

ここでは、なぜこの順に売りやすいのか、どのようなものを買い取ってもらえるのか、高く売れやすいのかどうかなどについて、買い取り場所ごとに解説します。

引越し業者の不用品買取サービス

引越し業者の不用品買取サービスは、業者によって訪問・集荷・郵送などの方法で査定をしてもらうことができます。

買取の依頼は引越しの訪問見積もりと同時にできることが多いので、引越し業者で引越しをする予定の人は、手間がかからず便利です。

不用品回収をしている業者は多くありますが、中でも買取に対応している業者は「サカイ引越センター」「アーク引越センター」「アップル引越センター」などです。

不用品買取サービスがある引越し業者の例

サカイ引越センター
一部地域(大阪府・兵庫県)のみ、引っ越し時の買取サービスがあります。
また、LINE、郵送、訪問見積もりにも対応している「リユース&買取のサカイ」というサービスも利用可能です。
強化買取品目は、「酒類」、「和食器」、「贈答品」など。
アーク引越センター
無料のダンボールを5箱までもらうことができ、そのダンボールに収まる量であれば、無料で集荷・査定をしてくれます。
また、不要になったピアノの買取も可能です。
アップル引越センター
引っ越し時に引き取ってくれるので、集荷や郵送といった手間がかからず、引越し直前まで不用品を買うことができるのが特長。
家具・家電は基本的に何でも、買取・無料・有料のいずれかで回収が可能です。

リサイクルショップ

リサイクルショップでは、持込・訪問(出張)・郵送等によって査定をしてもらいます。

特にまだ比較的新しい年式のものや人気が高い家電などであれば、高額で売れる場合もあります。

引越し業者と異なり、買取を専門としているショップなので、買取可能品目が多かったり、買取価格が高かったりなどのメリットがある可能性もあります。

ただし、リサイクルショップの場合、店舗やサービスによって、値段が付かなかったものは引き取ってもらえない場合もあります。

リサイクルショップの例

オフハウス
大きな不用品は出張査定も可能。ただし、依頼する店舗の規模によっては、大型家具の取り扱いがなかったり、出張買取に対応していなかったりする場合もあります。ノーブランド品や、壊れている貴金属類、付属品がないものなども買取ができます。
トレジャーファクトリー
持込・出張・買取での査定が可能。また「トレファク引越」という引越しサービスもあり、引越しと同時に、不用品を買取査定に出すことができます。家具はもちろん。家電や雑貨、楽器、酒類なども買取可能です。
ブックオフ
本以外に、家具や家電といった引っ越し不用品の買取依頼も可能。ただし、ベッドや衣装ケース、学習机など一部アイテムのほか、サイズ・重量が大きすぎるものは、買取不可とされています。

フリマアプリ

フリマアプリは販売終了済みの希少品などに高額な価格が付けられる場合もあり、使い方によっては引越し業者やリサイクルショップよりも高く売れる可能性があります。

ただし、売れるまで処分できないため、引越しまでの期間に余裕がない場合やすぐに不用品を処分してしまいたい場合などには不向きです。

フリマアプリの例

メルカリ
メルカリは利用者数が多いので、不用品を「欲しい」と思ってくれる人が見つかる可能性も高いです。ダンボールに梱包しにくい家具は「梱包・発送たのメル便」で、梱包~集荷までを引越しも取り扱う「ヤマトホームコンビニエンス」に依頼できるので、手間がかかりにくいのが特長です。
楽天ラクマ
他のアプリでは必ず必要な出品時の「手数料」が無料。売上金は、楽天キャッシュにチャージすれば即時反映されるので、楽天キャッシュを利用している人は使いやすいアプリです。購入することで楽天ポイントも貯めることができるので、継続的な利用もおすすめ。
PayPayフリマ
PayPayアプリからの出品が可能なので、新しくアプリを入れる必要がありません。売上金をPayPayとして利用することも可能です。ただし、購入されてもすぐに入金されない場合も多いようなので、すぐに売上金が欲しい人は他のアプリの利用がおすすめです。

ネットオークション

フリマアプリと同様に商品が売れるまで処分できないため、引越しまでの期間に余裕がない場合やすぐに不用品を処分してしまいたい場合などには不向きですが、フリマアプリよりも高額な商品でも買い手がつきやすいという特長もあります。

またオークションという性質上、「欲しい」と思った人が多ければ、金額は上がっていく仕組みなので、引越しまで時間があり高額販売がしたい人にはおすすめです。

ネットオークションの例

ヤフオク!
国内のネットオークションでも最大手のサービス。利用者が多いので、買い手がつく可能性も高くなります。また、売上金はPayPayとして利用も可能。オークションだけでなくフリマとしての出品も可能です。
モバオク
商品は配送だけでなく、購入者と直接会って渡す「現地払い取引」を選択することが可能なので、配送料がかさみがちな大型家具などを販売したいときに便利です。
eBay
国内だけでなく、世界中を対象としたオークションサイト。取引相手が国内に限られないので、特に古い和風の家具などは、国内サイトなどよりも需要がある可能性が高いです。

売れない家具を処分する方法

売れない家具を処分する方法

前述の方法で売れなかった場合には、ほかの方法で不用品を処分する必要があります。

不用品を処分する方法として、簡単な順に引越し業者の回収サービスを使う、不用品回収業者を使う、自治体に粗大ごみとして出す、人にあげる・寄付するという4つの方法が挙げられます。

不用品の処分方法

  • 引越し業者の回収サービス
  • 不用品回収業者を利用する
  • 粗大ごみに出す
  • 人にあげる・寄付する

引越し業者の回収サービス

不用品の回収サービスを取り扱っている引越し業者に、不用品をまとめて回収してもらう方法です。

自分で分別してごみの日に出したり、別途回収業者に依頼したりする必要がないため、手間をかけずに不用品を処分できます。

ただし、一部の業者では引き取りが有料になる場合もあります。

できるだけ引越し費用を抑えたいと考えている場合は、事前に料金についても詳しく調べておきましょう。

不用品回収業者

不用品回収業者に依頼して、不用品を回収してもらう方法です。

処分費用はチャーターするトラックのサイズによって変動する場合が多く、不用品の量が多ければ多いほど費用が高くなります。

依頼先の引越し業者が回収サービスを行っていなかったり、大量の不用品があって自分で処分するのが難しかったりする場合におすすめの方法です。

自治体に粗大ごみとして出す

粗大ごみの回収費用は不用品の種類や管轄する自治体によって異なりますが、所定の手数料を支払い、シールを貼りつけた上で回収を申し込む必要があります。

ただし、エアコン、テレビ、洗濯機、冷蔵庫のような家電リサイクル法の対象となっている家電は粗大ごみとして捨てられず、商品を買った電気店などに回収を依頼する必要があるため、注意が必要です。

人にあげる・寄付する

まだ使えそうな不用品であれば、人にあげたり寄付したりする方法も考えられるでしょう。

使ってもらえそうな知人や寄付先の機関を見つけなければならないため少々ハードルは高くなりますが、捨てずに使い続けられればごみの量が減り、環境問題にも貢献できます。

知人に引き取ってくれそうな人が見つからない場合は、近場で人を探せる「ジモティー」などのサービスもおすすめです。

ジモティー
無料もしくは格安で、不用品を取引することが可能。同じ地域に住む人に譲渡できるので、梱包や配送といった手間が不要です。フリマアプリやオークションサイトと違い、古いものや綺麗なものでなくても貰い手がつきやすいものの、無料での取引が多いので売上金は期待できません。

まとめ

  • 不要な家具・家電を買い取ってもらえる場所として、売りやすい順に引越し業者の不用品買取サービス、リサイクルショップ、フリマアプリ、ネットオークションがある
  • 売れない不用品を処分する方法は、不用品回収業者に依頼する、自治体に粗大ごみとして出す、人にあげる・寄付するなどの方法がある
  • 値段がつくような不用品は、まずは査定してもらい売却するのがおすすめ。どうしても売れないようなら、処分を検討しよう

処分の手軽さを求めるのであれば、引越し業者の不用品買取サービスがおすすめですが、希少品などはフリマアプリやネットオークションを利用すると高値で売れる可能性があります。

引越しまでの期間なども考慮して、自分に合った買取方法を検討しましょう。